MENU

ホルモンバランスを整えるプラセンタ

女性ホルモンのバランスを整える成分としてイソフラボンなどと共に有名なものとしてプラセンタがあります。プラセンタは女性ホルモン様物質とは違い女性ホルモンに対して直接的な働きを行うわけではありませんが、女性ホルモンのバランスを整える効果があることは知られています。そして他の健康食品の類いとは一線を画し、条件付きながら日本の医療現場において保険適用内でプラセンタ治療が受けられるなど、その信頼性は高いものです。

 

プラセンタはもともと胎盤を表す言葉であり、現在では胎盤を加工したものや胎盤由来成分をさしてプラセンタと呼んでいます。プラセンタは人間の自律神経系に大きな影響を与えるものとして知られており、特に女性ホルモンバランスを整えるのです。

 

その効果が詳しく解明されたのは最近ですが、実はプラセンタを美容・健康目的で用いてきた歴史は非常に古く、現代医学が確立される遙か昔からプラセンタは不老不死の薬であるとして地位の高い人に珍重されてきたのです。

 

日本では、更年期障害の治療にのみ保険適用内でプラセンタ治療が行えます。保険適用内となる治療はその効果が確かであると十分な臨床データによって示されているものに限られ、つまりプラセンタはヒトの女性ホルモンバランスを整える効果が確かにあると厚生労働省が認めているという意味であるわけです。もちろんプラセンタサプリメントや健康食品は保険がききませんが、効果は確かであるため安心して利用できますね。