MENU

ホルモンバランスの乱れと薄毛・抜け毛

実は髪の毛の健康も女性ホルモンと深い関係があります。男性に比べて女性は薄毛やはげに悩まされる人が非常に少ないことはご存じかと思います。また女性も閉経を迎えると途端に薄毛や抜け毛に悩まされる人が出てきます。この現象はどちらも女性ホルモンによって起こっています。

 

女性ホルモンであるエストロゲンは、髪の健康な生育と非常に密接な関係があります。エストロゲンはコラーゲンの合成に関わり、生合成量を大きく引き上げてくれる働きがあります。

 

これはもちろん肌にとっても非常に有用なもので、女性らしい潤いのある肌を作りますが、同時に髪のコシや潤いをももたらしてくれるのです。

 

コラーゲンは髪のバリアとしても重要であり、毛髪だけでなく毛根のバリアとしても作用します。特に毛根の保護は抜け毛・薄毛の予防に最重要な点であり、女性ホルモン分泌量の多い若い女性が抜け毛や薄毛に悩まない理由でもあります。

 

歳を取るとエストロゲンの合成量は減り続け、最終的には閉経をもってほとんど分泌されなくなってしまいます。そのため歳を取っても美しい髪を維持したいと願うならば、エストロゲンの分泌量を保ち続けることは現実的に不可能ですので、何とかして補わなければなりません。

 

そこで、女性ホルモン様物質であるイソフラボンやその他女性ホルモンと関わりのある成分を駆使する必要があるのです。若いうちから女性ホルモンを補うことを意識した生活を心がけると、歳を取ってからの影響が緩和されるというデータもあります。