MENU

ホルモンバランスの乱れとニキビ・肌荒れ

ホルモンバランスとニキビには大きな関係があります。特に成人以降に発生するいわゆる「大人ニキビ」はほとんどホルモンバランスによる問題だと考えられており、皮脂対策よりもホルモンバランスを整えた方がニキビの治りがよいといいます。これはホルモンバランスの悪化が局地的な皮脂過剰をもたらし、これはお肌をいくら直接弄っても防げないからです。

 

女性の体に重要な働きをもたらすホルモンは主に二つあります。それはエストロゲンとプロゲステロンです。この二つのホルモンのバランスが女性の体に良い影響も悪い影響も与えうるもので、とはいえどちらも体には絶対必要なものです。

 

女性の肌への影響を見てみると、エストロゲンがおおむね美肌を作るような効果をもたらし、逆にプロゲステロンは皮脂分泌過剰や肌荒れを招く厄介者です。エストロゲンとプロゲステロンの力関係は、健康上の問題などがなければ生理周期に沿って一定の変動をしています。生理前にはプロゲステロンが優位になり、生理中はおおむね拮抗、生理後はエストロゲン優位といった感じです。

 

お気づきになりましたか?生理にまつわる様々なトラブルは生理前に起きています。そしてそのトラブルの中でも、少なくとも肌関連のトラブルはプロゲステロンがもたらしているのです。

 

とはいえプロゲステロンがどれだけ優位になるかは個人差が大きく、生理前後であまり差がない人もいれば極端な差が出る人もいます。また一般的に、生活習慣が不規則だとホルモンバランスの変動の振れ幅が大きくなると考えられています。