ホルモンバランスサプリランキング厳選版

MENU

ホルモンバランスが乱れると女性は様々な障害が現れる

女性は女性ホルモンの分泌量が多く、そのために女性らしいからだが作られるといいます。これは事実ではありますが、では女性は一生涯においてどの程度女性ホルモンを分泌するかご存じでしょうか?その量はなんと、高々5cc程度に過ぎません。

 

つまり非常に少量の女性ホルモンが女性の体を大きく左右するわけで、ちょっとしたことで精神的・身体的にバランスを崩すことも合点がいきますね。したがって、女性ホルモンのバランスを維持することは女性にとって最重要課題であり、言い換えれば女性ホルモンのバランスを崩すような生活習慣は改めなければならないということです。

 

生活習慣に気をつける

 

女性ホルモンのバランスを左右する最も基本的なポイントは、生活サイクルの規則性です。就寝時間や睡眠時間が日によってばらばらだったり、食事を取る時間や回数さえも日によって全然違うのでは、体のバランスも崩れてしまいます。

 

自律神経のバランスが崩れることで女性ホルモンバランスも乱れ、女性ホルモン関連だけでなく様々な影響が体に表れることでしょう。完全に決まった時間に決まった行動を取ることは不可能ですが、就寝・起床時間はあまり日によって差がない方が好ましいでしょう。

 

また、タバコは男女ともに有害なものですが、特に女性にとっては害が大きいものです。タバコは血流を阻害することで体の各部への栄養や酸素の供給を妨害しますが、その結果女性ホルモンであるエストロゲン・プロゲステロン両方の分泌量が低下します。これは美容にも健康にも悪影響です。

 

さらにストレスや睡眠不足も自律神経を乱すことで女性ホルモンバランスを崩します。ストレスは自分ではわかりづらい場合が多いですが、胃痛や不眠・逆流性食道炎などといった神経性の症状が出ている場合はストレスによる影響を自覚する必要があります。

 

女性ホルモンの種類と働き

 

女性の体に大きな働きをもたらす女性ホルモンは二種類あり、一般的に女性ホルモンというとエストロゲンだけを思い浮かべる人が多いですが、プロゲステロンも女性ホルモンの仲間です。

 

当然ながらどちらも女性機能を実現するために必要なものですが、具体的な体に及ぼす影響を挙げてみるとエストロゲンは非常に歓迎されるものである一方、プロゲステロンは厄介者に見えてしまうかもしれません。

 

エストロゲンは女性の性機能を形成したり女性らしい体を作るだけでなく、女性の美容健康に大きな恩恵をもたらしているホルモンです。

 

男性に対して女性の罹患率が非常に低い病気の多くは、エストロゲンによって女性が守られているから罹患率が低いのです。

 

エストロゲンは子宮や女性器の粘膜を作らせて女性機能を保護したり、コラーゲンの生成を促進し美しく健康な肌を育み、また血中コレステロールを回収したり尿酸の排泄を促したりといった働きまで行う、とても役立つ万能ホルモンです。

 

一方のプロゲステロンは、特に妊娠中に赤ちゃんと母胎の両方を保護するような働きを行うためやはり重要なのですが、体内に水を多く保有させたり脂質を皮脂として積極的に排出したりするため、それぞれむくみや皮脂過剰の原因となり美容上・健康上のトラブルの原因でもあります。

 

またプロゲステロンが優位だと自律神経バランスが崩れることが多く、プロゲステロンが優位になる生理前は心身共に辛いと訴える女性が多く、生理前症候群という名前が付けられるほどです。

 

女性ホルモンとイソフラボンの関係

女性が女性らしい体つきになっているのは、エストロゲンという女性ホルモンの影響がとても強いです。エストロゲンによって、体が女性らしさを維持するようにしてくれているといえるでしょう。

 

このエストロゲンは女性らしい体にするだけではなく、体調にも大きく影響を与えることになります。エストロゲンの分泌量が減ってくると、ホルモンバランスが大きく崩れてしまいます。そのため、エストロゲンが分泌されにくくなる更年期になってくると、更年期障害になりやすくなってしまうのです。

 

そのエストロゲン不足を補ってくれる存在として知られているのが大豆イソフラボンです。女性ホルモンは、エストロゲン以外にも、プロゲステロンというホルモンもあります。エストロゲンの場合、男性が関心を持つように女性らしい体にしていったり、妊娠させやすくする作用をもたらしてくれます。ですから、肌や毛髪にも大きく影響を与えるホルモンと言えるでしょう。

 

反対にプロゲステロンというのは、妊娠に対して影響を与えるホルモンとなっています。脳下垂体といわれる脳の器官が刺激されると性刺激ホルモンが活発に分泌されるようになります。卵巣に性刺激ホルモンが到達されると、卵巣がエストロゲンを分泌されるのです。

 

女性というのは成長してくると、器官も成長していきます。そして、子どもを産める体になったと脳が判断したら、エストロゲンが活発に分泌されるようになり、女性らしく男性に性的刺激を与える体に変化していきます。

 

そのエストロゲンが加齢などによって分泌されにくくなったら、大豆イソフラボンを摂取するようにしましょう。イソフラボンは食べ物からよりもサプリか摂るのが効果的です。参考:イソフラボン サプリ

 

植物性女性ホルモンという異名を持っているほど、エストロゲンと作用が似ているのです。ですから、エストロゲン不足による更年期障害などの改善をしやすくすることも可能になるのです。

 

ただし、女性ホルモンの代わりであるだけであって、女性ホルモン自体が増えるというわけではありません。また、近い作用はあっても、エストロゲンと全く同じ作用がるというわけでもありません。ですから、大豆イソフラボンに対して過度の期待はしないようにしたほうがいいでしょう。